スマイル合唱団の歩み

疲弊している人を音楽で癒したい ― スマイル合唱団立ち上げまでの道のり

中島啓江合唱団

中島啓江は亡くなる平成26年11月23日までの約15年間、㈱ピュアハーツに所属しておりました。「疲弊している人を音楽で癒し、心の復興ができないか」と、つねづね私は中島と熱く話しておりました。

二人で意を決して、平成15年から全国の会館と困難な交渉をはじめ、全国の様々な地域に"中島啓江合唱団"を作っていきました。各地に童謡などの楽譜を送って、合唱を教える先生を探してもらい、それから合唱団員を集めて練習し、中島啓江とのジョイントコンサートも行うというもので、多い時は20カ所近い地域にありました。毎回、中島はコンサートの前日に現地入りし、合唱団員の方々を対象にワークショップを行い、曲を練習するだけではなく、音楽を通じて人と人の絆を取り戻そうと啓蒙しました。

かくしてスタートした中島啓江合唱団だったのですが、会館の担当者の異動や当時の小泉政権下での市町村の合併などが障壁となり、多くの場所で継続が難しくなっていきました。福井県坂井市など一部地域では5年続いた場所もあったのですが、ほとんどの合唱団は2,3年で終わってしまうというのが現実でした。

  • 中島啓江合唱団
  • 中島啓江合唱団

スマイル合唱団の誕生

中島啓江合唱団の継続に行き詰まり、平成20年からは自分たちの手で東京に"スマイル合唱団"を作り始めました。理念に賛同する音楽家たちが集い、最初は数十名の合唱団員だったのですが、各地域にひとつずつ新しいスマイル合唱団を作っていきました。「みんなで笑顔で歌って元気になろう」というスローガンのもと、各地で童謡、唱歌、昭和歌謡などを楽しく歌い、少しずつ合唱団員を増やしていきました。

  • スマイル合唱団
  • スマイル合唱団

目標は武道館!受け継がれる中島啓江の想い

私は各地域のスマイル合唱団の自主活動を支援するNPO法人を支援者の方々と一緒に立ち上げ、中島は理事に就任。と同時に、合唱団員を応援する応援団長としても手腕を振るいました。スマイル合唱団の大きな集まりや、各地の活動でも団員と一緒に歌い、音楽を通した人と人の絆の復興を説き、精神的にも合唱団全体を先導しました。合言葉は「武道館へ行くぞ!」。1万人以上の団員がフルオーケストラ伴奏で大合唱することを目標にしていましたが、志半ばで帰らぬ人となってしまいました。

現在(平成27年7月)、スマイル合唱団は1都3県に250団体強あり、5000人強の人たちが歌っています。平成27年4月にスマイル合唱団の応援団の安田祥子さんを、スマイル合唱団の応援団長そしてNPO法人の顧問に迎え、残された我々同志とともに、中島の意志を引き継ぎ、全国にスマイル合唱団の活動を広めるとともに、平成29年11月に、皆で結束して武道館でスマイル大合唱祭を行うことを目指しております。

株式会社ピュアハーツ 代表取締役
兼 NPO法人「音楽で日本の笑顔を」理事長
岡 田 秀 春
中島啓江
平成27年3月5日 渋谷公会堂 中島啓江を送る会を開催。
武道館へ行くぞ! を合い言葉にスマイル合唱団 団歌「スマイル」を大合唱。
NPO法人 音楽で日本の笑顔を
スマイル合唱団は「NPO法人音楽で日本の笑顔を」の支援を受けています。